未熟者の語ること

私が思いついたことを語るだけです。

将棋のプロ棋士が目指すところは何?個性じゃないでしょう―『棋士の一分』を読んでの感想

続きです。

橋本さんは棋士が将棋ソフトを用いることの危険性について以下のように述べています。

「将棋というゲームは...個性,独創性といった要素が見られなくなっていくのかもしれない。そうなっていったとき,その将棋がファンがお金を払ってでも見たいと思うものなのか私には疑問だ」(p.145)

この文を見たとき,「えっ」と思いました。ここで語られている「理想の棋士」は私 (や恐らく他の将棋ファン) が求めるような棋士とは違うような気がしたからです。

私が見たい将棋は端的に言って「強い棋士の将棋」です。「弱い棋士の将棋」は,たとえそこにどんな個性があろうとも,みていて何も面白くありません。

そもそも,「個性的な将棋を指す棋士にファンがつく」というのはどういう論理の帰結なのでしょうか。羽生さんが有名なのは,将棋に個性があるからではなくて,強いからです (羽生さんは将棋に個性がないということで有名ですね)。藤井さんが有名なのは,「ガジガジ流」ではなくて,「強い戦法」を編み出したからです。個性的な将棋を指す棋士にファンがつくような例って探すほうが難しいんじゃないでしょうか。

橋本さんが仰りたいのは恐らく,「強くて個性のある棋士」がソフトを使って研究することで,「ただ強いだけの棋士」になってしまうことを危惧しているんじゃないでしょうか。たしかにそれは寂しいことです。だけど,ソフトを使って研究することでさらに強くなるという一面もあるわけです。だとすれば,「強さ」と「個性」どちらをとるか,という話になります。その比較であれば,当然私は「強さ」が大事だと思います。